更新:2010-10-19
制作:2010-03-01

スポーツドリンク比較(乳幼児向け)

乳幼児の水分補給を目的としたイオン飲料です。ニアウォーターに分類される飲料は掲載していません。
コンセプトはスポーツドリンクと同じですが、甘さ控えめでやや塩味が強いのが特徴です。

一覧

西松屋

イオン飲料 〔株式会社西松屋チェーン〕


口当たり:5、後味:4、甘み:4、酸味:4、飲み応え:3、価格:5
総合評価:4.2

拡大画像: 正面側面1側面2
定価:¥89(購入価格:¥89) 購入場所:ベビー用品店(西松屋) 購入日:2009年11月12日
飲料色:透明 ボトル:6面耐熱丸PETボトル キャップ:白色、無地 JANコード:4936790451646
栄養成分表示:(100mlあたり)
エネルギー:20kcal、たんぱく質:0g、脂質:0g、炭水化物:5g、ナトリウム:48mg、カリウム:20mg、カルシウム:2.2mg、マグネシウム:0.6mg
原材料名:
果糖ぶどう糖液糖、酸味料、塩化ナトリウム、塩化カリウム、香料、グルコン酸カルシウム、塩化マグネシウム
歴史:
発売年不明。ELFINDOLLブランドの従来品の置換えか?2000年代に発売。
感想:

やや薄味であるもののスポーツドリンクらしさを失っておらず、優しい甘みで飲みやすい。後味は水のようにさっぱりしていて、口に残らない。

コストパフォーマンスはかなり良い。共同開発として富永食品株式会社の名前と問い合わせ先が記載されているが、同社はファブレスメーカーなので、実際の製造は別の会社に委託している。

ピジョン

イオン飲料 〔ピジョン株式会社〕


口当たり:2、後味:2、甘み:4、酸味:4、飲み応え:3、価格:3
総合評価:3.0

拡大画像: 正面側面1側面2
定価:¥112(購入価格:¥78) 購入場所:大型スーパー(ベビー用品売場) 購入日:2009年11月12日
飲料色:透明 ボトル:耐熱角PETボトル キャップ:白色、無地 JANコード:4902508135085
栄養成分表示:(100mlあたり)
エネルギー:18kcal、たんぱく質:0g、脂質:0g、炭水化物:4.6g、ナトリウム:58mg、カリウム:66mg、塩素:75mg
原材料名:
砂糖、果糖、ぶどう糖、塩化ナトリウム、クエン酸、クエン酸ナトリウム、塩化カリウム
歴史:
発売年不明。2007年にはすでに発売されていたようだ。リニューアルを経て、現在に至る。
感想:

にがりのような苦みをわずかに感じるものの、アクアライトシリーズよりも苦みは少ない。この苦みとクエン酸の酸味によって、しなびたリンゴの渋みのような後味がする。

乳幼児の水分補給を目的としたニアウォーターというコンセプトが伝わってきた。

森永乳業

イオン飲料 もも果汁入り 〔森永乳業株式会社〕


口当たり:2、後味:3、甘み:5、酸味:3、飲み応え:3、価格:4
総合評価:3.3

拡大画像: 正面側面1側面2
定価:¥220(購入価格:¥89) 購入場所:ベビー用品店 購入日:2010年1月8日
飲料色:透明 ボトル:耐熱角PETボトル キャップ:白色、morinaga柄 JANコード:49836592
栄養成分表示:(100mlあたり)
エネルギー:14kcal、たんぱく質:0g、脂質:0g、炭水化物:3.5g(ショ糖:0mg)、ナトリウム:56mg、カリウム:76mg
原材料名:
もも果汁、果糖、ぶどう糖、食塩、クエン酸、クエン酸ナトリウム、塩化カリウム、香料
歴史:
発売年不明。現在のデザインのものは、2005年にすでに販売されていた。また旧名の「アクアサーナ イオン飲料 もも」では、2003年にはすでに販売されていたようだ。
感想:

飲み始めはナトリウムの苦みが先行し、続いて甘みの酸味がする。桃の香りがやってくるのが遅く、最初はリンゴ味なのかと思ってしまった。ただ苦みは少なく甘みが強いので、飲みやすい。

定価は¥220だが、実勢価格は\100を切っているところが多い。

和光堂

アクアライト りんご 〔和光堂株式会社〕


口当たり:2、後味:1、甘み:2、酸味:2、飲み応え:1、価格:4
総合評価:2.0

拡大画像: 正面側面1側面2
定価:¥180(購入価格:¥78) 購入場所:ドラッグストア 購入日:2009年11月21日
飲料色:透明 ボトル:6面耐熱丸PETボトル キャップ:白色、わこちゃん柄 JANコード:4987244145376
栄養成分表示:(100mlあたり)
エネルギー:22kcal、たんぱく質:0g、脂質:0g、炭水化物:5.5g、ナトリウム:69mg、カリウム:78mg
原材料名:
糖類(砂糖、ぶどう糖)、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム、クエン酸、塩化カリウム、香料
歴史:
1986年に「アクアライト」として発売。後にPETボトルで発売され、2007年3月に「ベビーのじかん」ブランドの下で「アクアライトりんご」・「アクアライト 白ぶどう」としてリニューアル。
感想:

口あたりは甘さはほとんど感じず、塩味を感じる。リンゴ果汁のような香りがあり、ぬるくなると甘みが強くなってきて飲みやすくなる。今回比較した商品の中では、塩化カリウムと塩化ナトリウムが一番多いため、わずかに感じるにがりのような苦味と塩味がやや強めで気になる。苦味がなければ飲みやすいニアウォーターになると思う。

パッケージのフィルムは表面がザラザラしており、持つときに滑りにくくなっている。またフィルムはややきつめに巻いてあり、乳幼児がフィルムで手を切らないように配慮されている。定価は¥180だが、ドラッグストアでは定価の半額程度で販売されていることが多い。

アクアライト 白ぶどう 〔和光堂株式会社〕


口当たり:2、後味:1、甘み:2、酸味:2、飲み応え:1、価格:4
総合評価:2.0

拡大画像: 正面側面1側面2
定価:¥180(購入価格:¥78) 購入場所:ドラッグストア 購入日:2009年11月21日
飲料色:透明 ボトル:6面耐熱丸PETボトル キャップ:白色、わこちゃん柄 JANコード:4987244145383
栄養成分表示:(100mlあたり)
エネルギー:22kcal、たんぱく質:0g、脂質:0g、炭水化物:5.5g、ナトリウム:69mg、カリウム:78mg
原材料名:
糖類(砂糖、ぶどう糖)、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム、クエン酸、塩化カリウム、香料
歴史:
1986年に「アクアライト」として発売。後にPETボトルで発売され、2007年3月に「ベビーのじかん」ブランドの下で「アクアライトりんご」・「アクアライト 白ぶどう」としてリニューアル。
感想:

「アクアライト りんご」と同様に、にがり苦みがやや強い。にがりの苦みとぶどうの香料がミスマッチで「アクアライト りんご」よりも飲みづらい。ぬるくなるとミスマッチ感はやや和らぐものの、飲後感は悪い。苦みがなければ、そこそこ飲みやすくなるだろう。

パッケージのフィルムは表面がザラザラしており、持つときに滑りにくくなっている。またフィルムはややきつめに巻いてあり、乳幼児がフィルムで手を切らないように配慮されている。定価は¥180だが、ドラッグストアでは定価の半額程度で販売されていることが多い。