更新:2020-10-27
作成:2020-08-02

「ショートカット」と「Siriショートカット」

「ショートカット」と「Siriショートカット」を混同している人が意外と多いようです。
どちらもSiriに関する機能なのですが、そのせいで混乱している人もいるようです。
そこで本章では、ショートカットAppにおける「ショートカット」と「Siriショートカット」という言葉の意味について説明します。

「ショートカット」とは?

ショートカットAppでは、「ショートカット」という言葉には大きく分けて4つの意味があります。

〈参考〉
 → Siriスタイルガイド - Apple Developer

「Siriショートカット」とは?

「Siriショートカット」はiOS 12で導入されたiOSの機能で、「“Siriに頼む”機能」とも言います。
Siriに対して、特定のSiriコマンドを呼びかけると、特定のアプリの任意の機能を実行することができます。
例えば、Siriに対してSiriコマンド「Hey Siri、明日の天気は?」を呼びかけると、次のような動作をします。

  1. Siriが、天気Appの天気予報機能を呼び出す。
  2. 天気Appは、お天気情報を取得し、それをSiriに渡す。
  3. Siriがお天気情報を受け取り、明日の天気を表示・読み上げる。

かつてはAppleのアプリだけがSiriショートカット機能を使用することができましたが、iOS12からは一般のアプリにも開放され、それを機に「Siriショートカット」と命名されました。
もちろんショートカットAppもSiriショートカットに対応しており、Siriにレシピの名称を呼びかけると、ショートカットAppでそのレシピを実行してくれます。

なお、ショートカットAppで作ったプログラムのことを「Siriショートカット」と呼ぶ人がいますが、Appleではこれを「ショートカット」と呼んでいます。
ただし、この正しい呼び方も非常に紛らわしいので、前述のように当アクションリファレンスでは「レシピ」と表記しています。

〈参考〉
 → iPhoneでSiriショートカットを追加する - Appleサポート
 → ‎iPhoneでSiriと話そう:App Storeストーリー

余談:もう一つの「ショートカット」

余談ですが、iOSにはもう一つ違う意味の「ショートカット」が存在します。
それはアクセシビリティ機能の「ショートカット」のことです。
これは身体が不自由な人がデバイスの操作を楽にするための機能で、Siri・ショートカットAppとは関係がありません。
デバイスのホームボタンをトリプルクリックすると、「アクセシビリティのショートカット」というメニューが出てくるので、ここで実行することができます。
また、設定App→アクセシビリティ→ショートカット でメニューの内容を設定することができます。

〈参考〉
 → iPhoneでアクセシビリティのショートカットを使用する - Appleサポート